犬の病気と健康犬の病気感染症>コロナウイルス感染症
犬の病気 感染症 コロナウイルス感染症

コロナウイルス感染症

コロナウイルス感染症とは、別名「コロナウイルス性腸炎」とも呼ばれる、消化管のウイルス感染症の事です。

コロナウイルス感染症の原因

コロナウイルス感染症の主な原因は、感染している犬の便、嘔吐物、使用した食器との接触など、主に経口感染により起こります。

コロナウイルス感染症の症状

コロナウイルス感染症は、成犬が感染してもほとんど症状が現れない「不顕性感染」です。
ただし、子犬が感染すると下痢、嘔吐、食欲低下、元気の消失などの症状が見られます。また、血便や悪臭の強い緑黄色の便なども見られる場合があります。
下痢から脱水症状を起こすケースもあり、パルボウイルス感染症との合併症を引き起こした場合は、さらに症状が重くなり、命を落とす確率も高くなります。

コロナウイルス感染症の治療

コロナウイルス感染症は、ほとんどのケースは自然に治癒します。ただし、脱水症状を引き起こしていたりなど、症状が重い場合は輸液を行うほか、嘔吐や下痢止めの内服薬、二次感染防止のための抗生物質などを投与する場合もあります。

コロナウイルス感染症の予防

コロナウイルス感染症の予防には、幼犬の頃より、定期的に混合ワクチンの接種を行うようにします。

コロナウイルス感染症 Q&A

【代表的な質問】

コロナウイルス感染症で、ワクチンの副作用はどのくらい続く可能性がありますか?

 

その他のコロナウイルス感染症についてのQ&Aはコチラより→