犬の病気 内分泌系の病気 甲状腺機能低下症

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺から分泌されるホルモンの一種「サイロキシン」の分泌が過剰になって起こる病気を言います。
ゴールデン・レトリーバーダックスフンドドーベルマンニューファンドランドプードルなどがかかりやすい犬種とされます。

甲状腺機能亢進症の原因

甲状腺の腫瘍化によって起きる場合や、甲状腺ホルモン剤の過剰投与でもかかる場合があります。

甲状腺機能亢進症の症状

サイロキシンというホルモンは体の活力を高める役割があるので、このホルモンが過剰に分泌される事により、体は常に興奮状態となり、落ち着きがなくいつもイライラして攻撃的になります。
食欲が異常に増加しますが、それにもかかわらず体重は減少します。また、水を大量に飲むようになるため尿量が増えます。脱毛から被毛が薄くなり、毛のツヤも悪くなります。

甲状腺機能亢進症の治療

内科的治療として、甲状腺ホルモンの分泌を抑えるための抗甲状腺薬の投与を行います。その他、放射線療法や、 外科的治療として腫瘍化した甲状腺の一部を除去する方法などがあります。

甲状腺機能亢進症の予防

早期発見・早期治療が重要となります。

甲状腺機能亢進症 Q&A

その他の甲状腺機能亢進症についてのQ&Aはコチラより→