犬の病気 脳神経系の病気 てんかん

てんかん

てんかんとは、けいれん発作が顔面、四肢、全身などに現れる疾患で、すでに発症している脳の病気や損傷などが原因となって起こるものと、原因がまだ解明されていないものとに分類されます。

てんかんの原因

てんかんの原因は、脳を形成している「ニューロン」と呼ばれる神経細胞に、なんらかの異常が起こる事から発症します。
脳腫瘍、ジステンパー、水頭症をはじめとする脳の病気などがきっかけとなって発病する場合と、原因不明で起こる場合とがあります。先天的な異常など、遺伝的要素も関連していると考えられています。

てんかんの症状

てんかんの症状は、全身や四肢、顔面のけいれん・硬直、意識不明、失禁、呼吸困難などです。一旦、けいれん発作が治まった場合でも、食事や水分を摂取する量が急激に増えたりするなどの行動が見られる事もあります。発作が連続して起こる場合は、死に至る危険性もあります。

てんかんの治療

てんかんを治療するには、原因が他の病気によるものと明確に分かっている場合は、それぞれの病気に対応した治療を行っていき、原因がはっきりと分からない場合は、抗てんかん薬を用いた薬物療法を行います。

てんかんの予防

てんかんの予防方法としては、発作が見られたら、病気が進行する前にすぐに獣医師の診断を受けるようにします。発作が起こりやすい状況をよく観察して把握し、抗てんかん薬を有効に投与する事が大切です。

てんかん Q&A

【代表的な質問】

犬が散歩後にてんかんのような症状になりました。今は元気にしていますがよくあることなのでしょうか?
てんかんの検査には血液検査以外にも、CTやMRIなども行った方がいいのでしょうか?
犬のてんかん検査には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?
てんかん持ちの犬のお部屋(サークル内)は、何か工夫されていますか?
犬のてんかんのお薬で長期に使うのは、ホリゾンとフェノバールどちらがいいのでしょうか?

 

その他のてんかんについてのQ&Aはコチラより→