犬の病気 視聴覚系の病気 緑内障

緑内障

緑内障とは、眼球内の圧力「眼圧」が上昇し、視神経が圧迫される事により視界が狭くなる病気です。この病気にかかりやすい犬種として、シー・ズーマルチーズアメリカン・コッカー・スパニエルビーグル柴犬などが挙げられます。

緑内障の原因

緑内障の原因は、眼圧を一定に保つ「房水」という液体が、うまく排出されず眼球内に大量にたまる事で、眼圧異常が起こり視神経が圧迫される事から発症します。

緑内障の症状

緑内障の症状は、激しい充血、角膜の白濁、瞳孔が開いたままの状態になる、痛みを伴うなどが挙げられます。緑内障の症状が進行すると、眼球が飛び出したような状態になり、視力が落ち失明するケースもあります。

緑内障の治療

緑内障の治療方法としては、眼圧を下げる点眼薬や、内服薬を投与する事などが有効です。

緑内障の予防

緑内障を予防するには、定期的に眼の検査を受けるなど、特に早期発見・早期治療に心がけましょう。緑内障は、発症しても症状がひどくならない限りは、日常生活が問題なく出来る為、発見が遅くなるケースがあるからです。

緑内障 Q&A

【代表的な質問】

犬が緑内障にかかっていまい病院で目薬と飲み薬で治療しています。非ステロイド剤の薬を使っていますが、眼圧は高く眼球が出ている状態です。その為か角膜に傷が入って、ドライアイの症状です。せめて眼圧が下がる良い方法はありませんか?
うちの犬が緑内障と診断されました。 手術、内服薬、点眼薬の治療など、緑内障にかかる費用について詳しく知っている方、ぜひ教えて下さい!
犬の緑内障って必ず失明してしまうのですか?
飼い犬が、目を手で掻いたり、壁に顔を擦りながら歩いたりしています。こういう動作を続けて、外傷性の緑内障になったりするのでしょうか?

 

その他の緑内障についてのQ&Aはコチラより→