犬の病気 運動器系の病気 股関節形成不全

股関節形成不全

股関節形成不全とは、股関節が正常に形成されず、慢性の関節炎や関節骨の変形などが起きる病気です。遺伝や環境的要因によって起こります。主にレトリーバー系をはじめ、ジャーマン・シェパード・ドッグバーニーズ・マウンテンドッグニューファンドランドロットワイラーセント・バーナードグレート・ピレニーズなどの大型犬でよく見られます。

股関節形成不全の原因

股関節形成不全の原因は、ほとんどの場合が遺伝で発症すると考えられています。
その他、幼犬の成長途上期に食事を多く与えすぎて肥満となり、股関節に負担を与えるなど、環境的な要素も発症の原因となります。

股関節形成不全の症状

股関節形成不全の症状は、腰を振りながら歩く、足を引きずる、元気がなくなり散歩に行きたがらない、座り方がおかしい、起立に時間がかかる、階段の昇り降りやジャンプなどを嫌がる、痛みから足に触れられるのを極端に嫌がるなどが見られます。

股関節形成不全の治療

股関節形成不全の治療方法としては、犬が若く症状も軽度であれば、内科治療が有効です。激しい運動は避け、食事管理を行います。
ある程度症状が進んでいる場合は、鎮痛剤や抗炎症剤を投与します。
重症の場合、内科的療法に効果が見られない場合は、犬の年齢、大きさ、症状などに合わせた外科的手術を行います。

股関節形成不全の予防

股関節形成不全を予防するには、幼犬期からの食事管理が重要です。犬の成長に合わせたフード選びをして、必要以上に与えないように注意します。その他、遺伝が原因となる場合も多いので、新しく犬を飼う場合は、犬の親兄弟に股関節異常がないかを確認しておきましょう。

股関節形成不全 Q&A

【代表的な質問】

生後3ヶ月の子犬に、股関節形成不全の症状が見られます。レントゲンは生後6ヶ月を過ぎないと判断出来ないそうですが、今のうちから気をつけることはありますか?
犬の股関節形成不全とレッグペルテスの違いが分かる方いらっしゃいますか?
犬の股関節形成不全などに効果のある、お勧めのサプリメントはありますか?

 

その他の股関節形成不全についてのQ&Aはコチラより→