犬の病気 運動器系の病気 骨折

骨折

骨折とは、打撲や転倒などで、外的な力が必要以上に加わったり、他の内臓疾患が原因となって犬の四肢を支えたり、内臓を保護する役割を果たす「骨」に損傷をきたす事です。

骨折の原因

犬の骨折の原因は、以下の通りに分けられます。

・「外傷性骨折」
打撲や転倒などの、様々な外的要因で起きる骨折。交通事故や、高い場所から落下するなどの不慮の事故が最も多く、その他、心因性の病気などが原因で、犬がパニックを起こし暴れる事などが原因になる場合もあります。

・「病的骨折」
骨腫瘍や、クル病、骨脆弱症などの内科的疾患が原因で骨がもろくなり、本来なら支えきれるわずかな外的の力でも、耐え切れず簡単に骨折してしまうケースです。また、肥満体質が原因となる場合もあります。

骨折の症状

骨折の症状は、骨折した部位や状態により異なってきます。最も多く見られる症状は、激しい痛みと、骨折した部分の腫れや熱です。また、本来の運動が出来なくなり、運動機能不全を起こします。

・骨折の種類による、それぞれの症状
 :皮下骨折(表面から損傷がほとんど確認が出来ない場合)・・・患部の内出血やそれによる腫れ。
 :開放骨折(骨折部の皮膚に損傷が確認出来る場合)・・・血管を損傷する事による出血。

・骨折の部位による、それぞれの症状
 :足の骨折・・・折れた足をかばうようにする為、足を上げたまま歩くようになり、地面におろしても正常な動きが出来なくなったり、足を引きづったりするなどの歩行障害が見られます。また、完全骨折(骨が完全に折れて、骨の折れた部分が骨格から離脱している場合)を起こしている場合は、四肢の変形や向きが変わるなどの変化が見られます。
 :背骨の骨折・・・神経麻痺や排便・排尿に障害が起こります。
 :あごの骨折・・・口の開閉が困難になります。

骨折の治療

犬が骨折したら、直ちに応急処置を行う必要があります。
開放骨折などで、出血が多い場合は直ちに止血をしましょう。また、折れた骨が周辺の組織を傷つけ大出血の原因とならない為にも、骨折した骨をもとの正常な位置に戻し、心臓に近い部分を縛って止血します。そして、二次感染を防ぐ為、骨折端が見えている患部を清潔にします。
その後、すぐに棒や枝などを骨折した部分にあて、ひもや布などで巻いて固定しましょう。これである程度の痛みも緩和できます。
ただし、犬は痛みのあまり興奮状態となっていますので、この作業を行う時は、犬に咬まれないように注意します。骨折の応急処置が済んだら、出来るだけ早く動物病院に連れて行きましょう。

骨折の予防

犬の骨折は、ほとんどが交通事故や落下事故など、不慮の事故により起こります。庭や散歩時などは放し飼いにせず、リードを付ける習慣を付け事故を未然に防ぎましょう。
普段より、名前を呼ばれたら飼い主の所まで戻ってくるなど、しつけも十分に行うようにします。
また、骨折しにくい丈夫な骨にする為、日常から適切な食事管理を行い、十分な運動をさせるようにしましょう。

骨折 Q&A

【代表的な質問】

犬の骨折の治療内容・手術料金について教えてください。
犬の骨折手術で、退院後10日分の感染予防と止血剤を処方されましたが、そんなに何日も飲ませる物なのか、また3日目に吐いてしまったりしているので、心配です。
パピヨンについて、骨折、脱臼など日常生活で気をつけることがありましたらご教授下さい。
ポメラニアンを飼ってます。足を骨折して散歩もろくに行けず、体重があるのでダイエットさせないと足に負担がかかるといわれました。ダイエットメニューを教えてください!!
犬の尻尾が骨折することってあるんでしょうか?
骨折した犬のリハビリ、どうしたらよいでしょうか?

 

その他の骨折についてのQ&Aはコチラより→