Notice: Undefined variable: pageNum in /home/sites/heteml/users/i/n/n/innovade02/web/dog-kenko/q-and-a/q-and-a.php on line 73
犬や猫には野菜を与えてはいけないのでしょうか??? 教え … -犬の病気と健康-

犬や猫には野菜を与えてはいけないのでしょうか??? 教え …

カテゴリ: 暮らしと生活ガイド | ペット
2006年11月12日 Q.質問
犬や猫には野菜を与えてはいけないのでしょうか??? 教えてください。お願いします。
2006年11月13日 A.回答
犬や猫に与えてはいけない野菜は、ネギ類ですね。長ネギ、タマネギなどのネギ類には、犬や猫の血液中の赤血球を破壊するアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。犬や猫がネギ類を食べると、急性の貧血や血尿などの症状が現れるネギ中毒を起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。この成分は加熱しても破壊されず、煮汁などにも溶けだしてくるので、汁だけを与えても中毒が起こります。ネギ中毒は、特に猫よりも犬に多くみられます。ハンバーグ、シューマイ、肉じゃが、すき焼き、みそ汁やシチューなど、ネギ類の入った料理の残りなどは、犬や猫に与えないようにしましょう。 その他にも犬や猫に与えてはいけない食べ物は、●生卵…白身に含まれるアビジンという成分がビタミンB群のひとつビオチンの吸収を妨げるため、体内のビタミンバランスを崩す事になります。ただし、加熱すれば与えても大丈夫です。●菓子類…肥満や歯槽膿漏の原因になります。特にチョコレートに含まれるテオブロミンという成分を大量に摂ると心臓や中枢神経を刺激し、心身に悪い影響を及ぼします。●塩味の濃い食べ物…犬や猫はあまり塩分を必要としないため、塩分を多く摂ると腎臓などに負担をかけてしまいます。また、わさびやこしょう、唐辛子などの香辛料も内臓を刺激し、体の負担となるので避けましょう。●豚の生肉や骨付きの鶏肉…豚の生肉にはトキソプラズマという寄生虫が潜んでいることがあります。鶏の骨は裂けやすいため、内臓を傷つける恐れがあります。●生の魚介類…生のイカの内臓には、ビタミンB1の分解を促す酵素が多く含まれているので要注意です。「猫がイカを食べると腰を抜かす」といわれるように、ビタミンB1不足は脚気を引き起こします。貝の中には皮膚病や光線過敏症を引き起こす成分を含む物があるので避けましょう。サイトにも詳しく載っています。 http://www.ookinaki.com/pet/xfood.html http://www.anakuma.net/f.html
Webサービス by Yahoo! JAPAN   このコンテンツはYahoo!知恵袋より取得しています。

 

>>ペット保険比較ランキング<<

人気のペット保険を徹底比較ランキング。おすすめのペット保険が見つかります。

犬や猫には野菜を与えてはいけないのでしょうか?? …