Notice: Undefined variable: pageNum in /home/sites/heteml/users/i/n/n/innovade02/web/dog-kenko/q-and-a/q-and-a.php on line 73
老犬にもワクチンは若犬と同じに打つべきでしょうか?? 実 … -犬の病気と健康-

老犬にもワクチンは若犬と同じに打つべきでしょうか?? 実 …

カテゴリ: 暮らしと生活ガイド | ペット | イヌ
2009年05月03日 Q.質問
老犬にもワクチンは若犬と同じに打つべきでしょうか?? 実は当方、私自身が飼い主ではないのですが、隣家に住む実の叔母が飼っている老犬(ヨーキー、オス、15歳)が心臓病腎臓病を患った件でこの場でひと月ほど前に数回投稿をした者です。 お陰様で嬉しい事に多くの皆様からの温かいさまざまな情報をたよりに生活改善を少しづつした結果、いっときの様な心配な状況からはとりあえず脱する事ができた様で、その節は本当に有難うございました。(老犬のくせにやんちゃな昔の吠え声が庭ごしに聴ける様になりました。先程も隣の犬に対し「俺がまだこの地域の大王だぞ!」のごとく吠えかかっておりました。) さて実は今回投稿しましたのは、 今世話になっている方ではなく以前にかかっていた獣医さんの方から「フィラリアの季節なので投薬期間の最後までしっかり毎月予防しましょう」の旨のハガキが届いたのです。 ところが前回ここで質問した際に 「ワクチンを毎年接種させるのは犬の体に過負担になり、本当は三年に一度で充分、老犬にいたってはもはやワクチンは止めた方がいい、という事を自分は医者に教えられました」 という事を書いて下さった方がいた事を思い出したのです。 で、医学にうとい私なのですが、上記の様な事はやはり言えるのでしょうか? 又、この場合はフィラリアなのですが狂犬病などもそうだと思うのですが、いわゆる注射で打つものが「ワクチン」なのでしょうか? フィラリアの場合、飲み薬を投与したりもするそうですがそういうものは「ワクチン」にはあたらないのでしょうか? そういう疑問も含め 心臓腎臓病につきやっと少し小康状態に至った感のある15歳の老犬に対し、フィラリア、狂犬病などに対しどういう姿勢で取り組んだら良いのか、をお教え願えると大変幸いなのです。 又知らず長文になってしまいましたが、どうか何卒宜しくお願いいたします。
2009年05月08日 A.回答
狂犬病のワクチンは法令で義務づけられています。 フィラリアは蚊がいる地域であれば与えるべきだと思います。 (フィラリア予防薬はいわゆるワクチンではありません) 混合ワクチンに関しては獣医師の間でも議論はあります。 負担がかかる場合もありますが、2歳以降は必要ないというのは少し違います。
Webサービス by Yahoo! JAPAN   このコンテンツはYahoo!知恵袋より取得しています。

 

>>ペット保険比較ランキング<<

人気のペット保険を徹底比較ランキング。おすすめのペット保険が見つかります。

老犬にもワクチンは若犬と同じに打つべきでしょうか …