Notice: Undefined variable: pageNum in /home/sites/heteml/users/i/n/n/innovade02/web/dog-kenko/q-and-a/q-and-a.php on line 73
犬のチェリーアイという病気についての質問です。 チェリー … -犬の病気と健康-

犬のチェリーアイという病気についての質問です。 チェリー …

カテゴリ: 暮らしと生活ガイド | ペット | イヌ
2008年09月22日 Q.質問
犬のチェリーアイという病気についての質問です。 チェリーアイにはある日突然かかったりするのですか? また、必ず治療は必要ですか?
2008年10月07日 A.回答
チェリーアイは先天的な原因によって、若いうちから発症することが多い疾病でもあります。 その状態のままだと、飛び出した第三眼瞼腺が目に刺激を与えたり、不快感を感じて犬が自分で目をこすったりして、流涙症や結膜炎、角膜炎を併発してしまうことがあります。 チェリーアイは、第三眼瞼腺をつなぎとめている結合組織(体の中の器官どうしをつなげて支える、細胞の集まり)が生まれつきなかったり、不十分だったりすることで起こります。 初期の場合であれば、飛び出した第三眼瞼腺を元に戻し、コルチコステロイドや抗生物質の点眼により、脱出した瞬膜腺の炎症はある程度軽減されることもあります。 しかし、再発したり、思ったほど効果があがらないこともあるので、永久的な治療としては手術が選択されます。 基本的には、正しい位置に戻す縫合手術を行います。 その治療方法では治らない場合は、第三眼瞼腺を切除します。 つまり、点眼薬で治らない場合には、完全に治すには手術が一番ということになります。 チェリーアイは生まれつき起こる病気なので、予防することが出来ません。 早期発見と早期治療がもっとも大切です。 第三眼瞼腺は涙を作り出すために大切な部分なので、切除した場合には将来ドライアイになる可能性が高くなります。 切除という方法は涙の量が足りなくなり、ドライアイになることがありますので、現在では切除は余程の事がなければ選択されない対処法ではあるのですが、獣医師により選択する治療も違ってくるでしょう。 切除しなくても治療できるように、早めに動物病院に連れていくことが大切です。
Webサービス by Yahoo! JAPAN   このコンテンツはYahoo!知恵袋より取得しています。

 

>>ペット保険比較ランキング<<

人気のペット保険を徹底比較ランキング。おすすめのペット保険が見つかります。

犬のチェリーアイという病気についての質問です。 …