犬の病気 視聴覚系の病気 白内障

白内障

白内障とは、人間の白内障と同様に、眼の水晶体が白く濁り視力が低下していく病気です。悪化すると失明に至る場合があります。

白内障の原因

白内障の原因は、遺伝によるものと老齢によるものとがあります。一般的によく知られているのが、加齢が原因となる「老年性白内障」で、これは6歳以上の犬によく見られます。また、6歳未満の犬に発症する事が多い「若年性白内障」は、遺伝によるものだと考えられています。その他、糖尿病や中毒症などから突破的に発症するケースもあります。

白内障の症状

白内障の症状は、水晶体の白い濁り、視力の低下などが見られます。それによって、ふらつくなど歩行困難を伴う場合もあります。最悪のケースでは失明する場合もあります。

白内障の治療

白内障は発症すれば完治する事は難しいので、進行を抑える為の点眼や内服で内科的治療を行います。また、外科的手術で水晶体を取り除き眼内にレンズを入れ、視力を回復させる方法もあります。糖尿病など他の疾患が原因となっている場合は、その治療を行います。

白内障の予防

白内障は有効な予防策が特に無い為、早期発見・早期治療を常に心がけ、病気の進行を遅らせるようにする事が大切です。

白内障 Q&A

【代表的な質問】

白内障の犬に、人間の白内障用目薬をさしても大丈夫なのでしょうか?
犬の白内障は、何もせずに治る(目がほんの少しでも見える)ことってあるのでしょうか?
トイプードル(16歳)を飼っています。先日病院で白内障と診断されましたが、手術するには年齢的にも厳しいと言われました。少しでも症状の進行を遅らせる方法は無いでしょうか?
犬の目ヤニや白内障等によく効く薬やサプリを探してます。
犬がコタツに入ると白内障になりやすいんでしょうか?

 

その他の白内障についてのQ&Aはコチラより→