犬の病気視聴覚系の病気 角膜炎

角膜炎

角膜炎とは、目に対して、科学的または物理的刺激が加わる事により、目の表面にある角膜が炎症を起こす病気です。

角膜炎の原因

角膜炎の原因は、シャンプーなどが目に入るなどの化学的刺激や、目を擦ったりまつ毛や異物が目に当たったりする物理的刺激で、目の角膜を傷つける事で起こります。その他、アレルギー反応、ウイルスなどによる感染症、代謝障害など、他の病気が原因となる場合もあります。

角膜炎の症状

角膜炎の症状は、目や顔を前足で擦ったり、床に擦りつけたり、瞬きの回数が増えたりする事が特徴です。その他、目やにや涙の量が増える事で角膜が白く濁ったり、まぶたの赤い腫れなどの症状が見られます。病気が進行し炎症が深部に到達して潰瘍化すると、痛みとが激しくなりまぶたのけいれんが起こります。また、角膜の表面が盛り上がり、目に新たな血管が生じる「パンヌス」と言う現象を起こして、失明に至る場合もあります。

角膜炎の治療

角膜炎の治療方法としては、要因となるものを取り除き、炎症を抑える為の点眼を行います。また角膜炎の症状に応じ、内服薬を投与する場合もあります。犬が目を痛がるようであれば、目を外的刺激から保護する為にエリザベスカラーを装着させます。

角膜炎の予防

角膜炎を予防するには、目のまわりの被毛が長い場合などは、こまめに抜くなどして、日頃から目を清潔に保ち、刺激を与えないように気をつけましょう。

角膜炎 Q&A

【代表的な質問】

犬が角膜炎になりました。病院で点眼薬2つをもらいましたが、白く濁ったままで、目やには1時間ごとに大量に出て改善されません。経験者の方、体験談など教えていただきたいです。
角膜炎は治療に時間がかかるものなのでしょうか?

 

その他の角膜炎についてのQ&Aはコチラより→